このページの本文へ

ここから本文

福祉資金のご相談

介護福祉士等修学資金

介護福祉士・社会福祉士を目指す方や、再就職、資格取得のための資金貸付

徳島県では、介護福祉士、社会福祉士を目指す方や、介護福祉士の国家資格取得を希望されている方、
介護の仕事への再就職の準備をする方等をサポートするため、様々な資金貸付を行っています。

対象者、貸付額、返還免除

(1)介護福祉士を目指す方へ 介護福祉士修学資金貸付

【対象者】介護福祉士養成施設に在学している方で①~③のいずれかに該当する方。

  1. 徳島県に住民登録をしており、養成施設卒業後、徳島県内にて介護の仕事に就く予定の方。
  2. 徳島県内の養成施設の学生であり、卒業後、徳島県内にて介護の仕事に就く予定の方。
  3. 養成施設での修学のために県外に転居をした方で、転居する前年度の住民登録を徳島県にしており、かつ、卒業後は徳島県内において介護の仕事に就く予定の方。

【貸付金額】授業料、教材費、交通費、介護福祉士試験受験手数料等の費用として、在学期間中、月額5万円以内をお貸しします。
無利子(ただし、返還時に返還が遅延した場合は延滞利子が発生)

  • ※入学準備金、就職準備金として、それぞれ20万円以内を加算できます。
  • ※国家試験受験対策費用として、年度当たり4万円以内を加算できます。
  • ※生活保護受給世帯の方は、生活費の一部として別途額を加算できます。

【返還免除】養成施設を卒業した日から1年以内に介護福祉士の登録を行い、徳島県内で5年間(過疎地域は3年間)介護の業務に従事した場合、貸付金の返還が全額免除されます。

(2)介護福祉士の資格の取得を目指す方へ 福祉系高校修学資金返還充当資金貸付

【対象者】福祉系高校に在学している又は入学しようとする方で、卒業後、徳島県内にて介護の仕事に就く予定の方。

【貸付金額】卒業後、以下の費用をお貸しします。

  • ※修学準備金       3万円(入学時に限る)
  • ※介護実習費       3万円(年額)
  • ※国家試験受験対策費用  4万円(年額)
  • ※就職準備金        20万円(卒業後、就職する場合に限る)

【返還免除】養成施設を卒業した日から1年以内に介護福祉士の登録を行い、徳島県内で3年間介護の業務に従事した場合、貸付金の返還が全額免除されます。

(3)国家資格を取得しませんか? 介護福祉士実務者研修受講資金貸付

【対象者】実務者研修施設に在学している方で①~③のいずれかに該当する方。

  1. 徳島県に住民登録をしており、実務者研修施設卒業後、徳島県内にて介護の仕事に就く予定の方。
  2. 徳島県内の実務者研修施設の学生であり、卒業後、徳島県内にて介護の仕事に就く予定の方。
  3. 実務者研修施設での修学のために県外に転居をした方で、転居する前年度の住民登録を徳島県にしており、かつ、卒業後は徳島県内において介護の仕事に就く予定の方。

※働きながら実務者研修を受講されている方も対象となります。

【貸付金額】実務者研修の受講費用や参考図書等の費用として、20万円以内をお貸しします。
無利子(ただし、返還時に返還が遅延した場合は延滞利子が発生)

【返還免除】実務者研修施設を卒業した日から1年以内に介護福祉士の登録を行い、徳島県内で2年間介護の業務に従事した場合、貸付金の返還が全額免除されます。

(4)離職した介護人材の再就職準備金

【対象者】徳島県内にお住まいの方で、次の条件を全て満たす方。

  1. 介護職員等として実務経験が1年以上ある方。
  2. 下記のいずれかに該当する方。
    • ・介護福祉士の資格を持っている方。
    • ・実務者研修施設において、必要な知識及び技能を習得した方。
    • ・訪問介護員(ホームヘルパー)1級または2級の課程を完了した方。
  3. 介護保険サービス事業所等において、介護職員その他、介護の業務を主として就労した方。
  4. 予め徳島県福祉人材センターに登録を行い、かつ、徳島県社協が定める再就職準備金利用計画書を提出した方。

【貸付金額】再就職準備金として、40万円以内をお貸しします。
再就職準備金利用計画書に記載された額の少ない方となります。
無利子(ただし、返還時に返還が遅延した場合は延滞利子が発生)

【返還免除】就労した日から、徳島県内で2年間介護の業務に従事した場合、貸付金の返還が全額免除されます。

(5)障害福祉分野就職支援金貸付

【対象者】徳島県内にお住まいの方で、次の条件を全て満たす方。

  1. 下記のいずれかの研修を受講し、修了した方。
    • ・介護職員初任者研修  ・居宅介護職員初任者研修
    • ・障害者居宅介護従事者基礎研修  ・行動援護従事者養成研修
    • ・同行援護従事者養成研修(基礎、応用を受講すること) 
    • ・重度訪問介護従事者養成研修(基礎、統合及び行動障害支援いずれかの課程と応用を受講すること)
  2. 障害福祉サービス事業所若しくは施設に就労した又は就労を予定している方。
  3. 障害福祉分野就職支援金利用計画書を提出した方。
  4. 再就職準備金又は介護分野就職支援金の貸付を受けたことがない方。

【貸付金額】障害福祉に関する仕事に就職するための準備金として、20万円以内をお貸しします。
無利子(ただし、返還時に返還が遅延した場合は延滞利子が発生)

【返還免除】就労した日から、徳島県内で2年間障害福祉の業務に従事した場合、貸付金の返還が全額免除されます。

(6)社会福祉士を目指す方へ 社会福祉士修学資金貸付

【対象者】社会福祉士養成施設に在学している方で①~③のいずれかに該当する方。

  1. 徳島県に住民登録をしており、養成施設卒業後、徳島県内にて相談援助の仕事に就く予定の方。
  2. 徳島県内の養成施設の学生であり、卒業後、徳島県内にて相談援助の仕事に就く予定の方。
  3. 養成施設での修学のために県外に転居をした方で、転居する前年度の住民登録を徳島県にしており、かつ、卒業後は徳島県内において相談援助の仕事に就く予定の方。

※養成施設に在学中の方が対象であり、養成施設に入学前や卒業後の方、養成施設ではない福祉系大学等に在学中の方は対象外となりますのでご注意ください。

【貸付金額】授業料、教材費、交通費、社会福祉士試験受験手数料等の費用として、在学期間中、月額5万円以内をお貸しします。
無利子(ただし、返還時に返還が遅延した場合は延滞利子が発生)

  • ※入学準備金、就職準備金として、それぞれ20万円以内を加算できます。
  • ※国家試験受験対策費用として、年度当たり4万円以内を加算できます。
  • ※生活保護受給世帯の方は、生活費の一部として別途額を加算できます。

【返還免除】養成施設を卒業した日から1年以内に社会福祉士の登録を行い、徳島県内で5年間相談援助業務に従事した場合、貸付金の返還が全額免除されます。

募集期間

(1)(3)(6)については、年1回~2回程度募集します。養成施設等を通じて書類を提出してください。
(4)(5)については、随時、募集しています。(ただし、年度分の貸付枠に達した場合は、申請をお断りする場合があります)

 詳細については、下記リンク先をご参照ください。

  ・介護福祉士等修学資金貸付事業募集要綱

貸付期間

(1)(2)(3)(6)は、養成施設または実務者研修施設等に在学する期間とする。

その他

申請には、連帯保証人が2名必要です。
(独立の生計を営む身元確実な成年者で、そのうち一人は徳島県内に居住する方)

(1)(3)(6)の申請手続きは養成施設、実務者研修施設の推薦を通して徳島県社会福祉協議会に募集期間中に提出してください。貸付決定は「貸付選考委員会」にて行い、可否については在学している養成施設のを経由して通知いたします。


ご相談・お問合せ・書類提出先

【電話】088-625-2040 【FAX】088-656-1173
月曜日~金曜日(土・日・祝日および年末年始はお休み)8時30分~17時まで(12時~13時を除く)

社会福祉法人 徳島県社会福祉協議会 徳島県福祉人材センター アイネット
〒770-0943 徳島市中昭和町1-2 徳島県立総合福祉センター3階 ainet@tokushakyo.jp